アロマさん 奇跡の1枚か?

弊社の看板娘アロマさんです。

ゴールデンウイークに私の実家に一緒に帰った時の写真です。

2階の出窓から外を眺めている姿はまるで貴婦人のようです☆彡

窓からの景色が絵画のようで、これまたアロマさんを引き立てていると思いませんか!

 

と、こんなに美人に写ったアロマさんですが、

普段会社では・・・

じゃーん!

こんな感じで、思いきりだらけております。

あの写真は奇跡の1枚なんです(^_^;)

でも、この表情と仕草にいつも癒されております。

 

梅雨に入り、ジメッと暑い日が続きます。

皆様もアロマさんの写真を見てほっこりしてくださいませ♪♪♪

 

 

 

 

Continue Reading

「キラキラ女子になりたい☆第1弾~リップケア~」

わたし、この時期、紫外線の影響なのか何なのか…

唇がカサカサになってしまいます…(-_-)

あぁ。残念女子…(-_-)

 

なので、

リップスクラブでケアをしています☆

さまざまな種類のリップスクラブが販売されているので

いろいろ試してみるのも楽しいですよね(^^♪

 

最近はお家でハチミツ&砂糖スクラブを作ってみたり♪

ハチミツと砂糖を混ぜたら唇にのせてクルクル。

拭き取ったら手持ちのリップクリームで保湿して完了~(‘ω’)ノ

濃い目のリップカラーやマットリップをつける前にもよくやっています。

 

「あ~。ぷにぷに唇になりたいな~(´艸`*)☆」

 

Continue Reading

できるだけ自然のままが、心地いい。

こんにちは、東京スタッフのマメです。
私はそれほどお酒に強いたちではありませんが、
美味しい食事と楽しい仲間に囲まれると…
やっぱり、
ついつい飲みたくなりますよねぇ。

 

数年前からは、ワインのおいしさに目覚めました。
ワインは、ブドウの種類や産地、気候、製法、製造者のこだわり…
様々な組み合わせで
ワイン一つひとつの味や風味が全く違います。
詳しい知識はありませんが、
食事に合わせて「これはどうかな?」と組み合わせるのが
楽しみの一つです。

 

でも、残念なことに、
ワインを飲むと頭が痛くなってしまうことがよくあります。
もともと偏頭痛持ちなのですが、
どうやら、
・ワインに含まれる残留農薬が悪さをしている?
・赤ワインのポリフェノールが良くない?
・酸化防止剤の影響?

 

などなど、様々な説があり、
ワインが頭痛を引き起こす原因になっているようです。

 

頭が痛くなってしまうと、楽しい時間が台無しに…
「今日は大丈夫かな?」「やっぱりやめておこうかな」
とビクビクしながらワインを飲んでいました。
※それなら、飲まなければいいじゃない?と言う声も聞こえてきそうですが、やっぱり、美味しい食事を前にすると…ねぇ笑

 
そんな中、いろいろ試して見つけたのが、
「頭が痛くならないワインたち」

「ビオワイン」「自然派ワイン」などとも呼ばれていますが、
無農薬、有機栽培で育てられた自然なブドウのみを使って、
できるだけ自然な製法で造られたワインのことです。

 

そして不思議なことに、この自然派ワインたちは、
頭が痛くなることがほとんどありません。
そして味は、すぅーと飲みやすいもの、ブドウの味が感じられるものが
多いように思います。
無濾過なので、にごりやおりもあります。

もともと、特に若い頃は「自然」にこだわる方ではありませんでしたが、
からだが素直に「心地いいよ」と感じているのを実感しました。

 

こだわり過ぎて、「自然であること」に、がんじがらめになるのはどうかと思いますが、
からだに入れるもの、からだに使うものは
できるだけ自然なものがいい。
からだが心地よいものがいい。
そして私たちも、メーカーとして自然の恵み、からだの声を大事にしていきたい。

 

頭が痛くならないワインたちに感謝をしながら、
そんな風に思う今日この頃です。

Continue Reading

復活した光線治療器

弊社もサロン様とお取引をさせていただいて、お陰様で25年が経とうとしています。

25年が経つということは、長いお取引先様ですと、25歳お年をめされたということです。

ですので、ここにきて、周りでも様々な病気にかかる方が少しずつ出始めています。

と、そんな時、昔、薬局をしながら開設していた治療院(カイロプラクティック・オステオパシー)で使っていた光線治療器を思い出しました。

そして、久しぶりに倉庫から引っ張り出してきました。

最近、ちょくちょく光線を当てるようになりました。

病気の種類にかかわらず照射する場所は、足の裏、膝、膝の裏です。

その他は、病気の種類によって異なってきます。

当てる時間はトータルでおおよそ40~50分、長い場合は1時間を超えます。

そして、病気の種類によって使うカーボンも異なります。

カーボンもいろいろあります。

ある程度の期間当てていると、薄紙を一枚一枚はぐように病状が改善していきます。

不思議な治療器です。

病気の種類を問わず、何の病気にも使えます。

 

これが教則本です。

使うカーボンの種類と当てる場所が載っています。

改善例などもかなり掲載されている本です

昭和49年が初版の本です。

 

昭和の初めに診療が始まった光線研究所が東京の新大久保にあります。約90年、光線治療を専門に行っているところです。

病気にかかると、今はほとんど病院の医療が中心になりますが、病院に代わる医療として代替医療があります。

その一つがこの可視光線治療です。

お取引先様の健康を願う今日この頃です。

Continue Reading

驚異の脚力! 目指せ100歳!

写真は、先月100になった祖母です。

数年前から施設のお世話にはなっていますが、耳が遠いくらいで、トイレも自分で行きますし、ご飯も自分で食べる元気な祖母です!

お花を持って会いに行くと、「おら、花好きだ!」と、喜んでくれました。

そんな祖母を見ていて、長生きの秘訣はなんだろうと考えました。

 

畑で野菜を作っていたので、よく体を動かしていた印象があります。

特に驚異的だったのは「脚力の強さ」

ある日、玄関のチャイムが鳴り出てみると、祖母が野菜を持って立っていました。

 

「ばんちゃー、誰ときたの?」

「一人だー!」

「なにで来たの? バス?」

「いやー、自転車だー!」

「え !?」

 

なんせ、我が家と祖母の家とは、車で片道40分 かかります。

そこを自転車で来るとは!(当時70代)

恐るべし「脚力」と「根性」です。

危険なので家族には止められていましたが・・・(^_^;)

 

ただ、この足腰の強さが健康で長生きしていることに繋がっていると思います。

芸能人でも、スクワットで足腰を鍛えていたことで有名だったのが森光子さん。

現在は吉永小百合さんや黒柳徹子さんがスクワットで足腰を鍛えていることは有名ですよね!

車の免許を取ってからというもの、近くのコンビニに行くにも車の私・・・。

反省しました。

「ばんちゃー、私、スクワット始めまーす!!」

Continue Reading

頭皮、コリ固まっていませんかー((+_+))?

 

どうもこんにちは♪

最近とっても暑いですね!!

 

新しい生活がスタートして早2か月…(早い…。)

そろそろ疲れも出てきた頃ではないですかね??

 

「みなさーん(‘ω’)ノ!!

頭皮、コリ固まっていませんかー((+_+))?」

 

頭皮のコリは健康な髪にとって黄色信号!!!

頭皮が硬くなり弾力を失うと抜け毛が増えたり、髪のハリ・コシにだって悪影響が…(>_<)

ということで、

というか、

やっぱり!!

わたし的には、頭皮マッサージがオススメですよ~☆

 

~わたしの頭皮マッサージのポ・イ・ン・ト~

【ポ】

・頭皮が潤っている状態でマッサージ。

私は乾燥している状態でマッサージするのではなくセラムなどをつけてからにしています。

【イ】

・耳の少し上を指の腹を押し当てて「の」をかくようにクルクル。

同じ動きを頭頂部までずらしながら進む。

【ン】

・うなじ部分をモミモミ。

肩こりから頭皮が硬くなる場合もあるみたいです。

【ト】

・強くやり過ぎない。

ついつい強くマッサージしがち…強すぎるマッサージは毛細血管が切れたり逆効果になることもあるらしいんですよ(´・ω・`)

 

ぜひ☆ お試しあ~れ~(^^♪

 

カーリーズバーリーのオススメはこちら↓↓↓下にURL

http://shop.curlysbarly.co.jp/Shop/Detail/eob-scalp-serum150

Continue Reading

ALL all とペット

東京スタッフのマメです。
都内の桜はすっかり散り、新緑がまぶしい季節となりました。
春は芽吹き、生まれ変わりの季節、とも言いますが、
スタッフ宅のネコちゃんも例外ではないようで…
抜ける、抜ける、毛が抜ける。生え変わりの時期で、ここ最近は朝晩のブラッシングが欠かせません。

普通にブラッシングをすると、抜けた“毛”がふわぁ~ふわぁ~と部屋に舞ってしまいます。そこで、何にでも使える酵素ウォーター「ALL all」をシュッとひと噴きしてみました。毛が舞い散らないし、なにより毛並みがツヤっ、ツヤ、フワッ、フワになります。これはオススメ~。

天然由来100%の酵素水なので舐めても安心!ねこちゃん、わんちゃんの安心・安全に使えるブラッシングウォーターをお探しの方は、ぜひ一度「ALL all」を試してみてください。

Continue Reading