0120-172-328

月~金  AM9:00~PM6:00

定休日  土・日・祝祭日

HOME > Pro Use > 極ショリRed/Black

「キワミショリ」は、カラーやパーマ、トリートメントなどの施術にお使いいただける処理剤です。前処理・中間処理用の「キワミショリRed」と、後処理用の「キワミショリBlack」を併用することで、キワミショリRedのケラチンがキワミショリBlackの働きで高分子に変化し、ダメージホールに留まります。PPTやCMC、そして、補修成分、保湿成分など、髪に必要な成分をバランス良く配合した処理剤がキワミショリです。カラーをはじめ、パーマ、縮毛矯正など、さまざまな施術でご活用いただけます。

Red&Blackのダブル効果の仕組み

Red処理後

Black処理後

キワミショリRedでケラチンを補い、Blackによりケラチン分子を拡大させ定着させます。

Red

Redに高配合されている『φ型ケラチン(非常に小さなケラチン分子)』が髪のダメージホールにしっかりと吸着し補修します。

Black

Blackで仕上げることで、髪の内部に浸透したケラチン分子が約30倍に拡大。ダメージホールから再び流出してしまうのを防ぎます。

たとえば、カラー施術に使うことで、内部補修のトリートメントとして機能。キワミショリで髪を強化しての施術が、アルカリ施術におけるダメージの軽減と施術後の持続性アップに貢献します。また、本格的な内部補修のトリートメントメニューとして活用できます。さまざまな施術に、ぜひ一度キワミショリをお試しください。はじめてのサロン様には、無料サンプルもご用意しています。

(女性・30歳)

カラーしたとは思えない手触りのよさに感動!

(女性・28歳)

カラー後、2週間経過しても毛先まで落ち着いてます♪

(女性・42歳)

湿気に負けずサラっとなびく髪。

キワミショリRed

水鳥の羽毛、φ型ケラチンを配合したキワミショリRed。

低分子PPTの作用により、髪の深部に浸透する複合PPTです。

PPTをはじめ、CMC、保湿成分などをバランス良く配合。

カラー、パーマ、縮毛矯正などの施術の前処理、中間処理で使用します。

全成分表示

水、プロパンジオール、コカミドプロピルベタイン、加水分解ケラチン(羽毛)、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解エンドウタンパク、カワラタケエキス、セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク、イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPD、セラミド1、セラミド3、セラミド6Ⅱ、フィトスフィンゴシン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、チョウジエキス、カワラヨモギエキス、レウコノストック/ダイコン根発酵液、カプリル酸グリセリル、グリセリン、コレステロール、キサンタンガム、カルボマー、ラウロイル乳酸Na、ラウリン酸ポリグリセリル-10、BG、エタノール

(PH4.8~6.8)

キワミショリBlack

羽毛由来の高分子加水分解ケラチンを配合したキワミショリBlack。

PH4付近で酸処理することで、キワミショリRedの分子量750の低分子ケラチンを瞬時に分子量24,000以上の疎水性高分子ケラチンに変化させます。さらにカチオン処理することで、毛髪への吸着も高めます。

全成分表示

水、プロパンジオール、乳酸Na、ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン(羽毛)、加水分解シルク、加水分解エンドウタンパク、セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク、イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPD、ジラウリン酸セラミドNs、クオタニウム18、ベヘントリモニウムクロリド、クオタニウム33、セラミド1、セラミド3、セラミド6Ⅱ、フィトスフィンゴシン、チョウジエキス、カワラヨモギエキス、フィトステロールズ、コレステロール、ベタイン、グリセリン、コカミドプロピルベタイン、カプリル酸グリセリル、ラウロイル乳酸Na、ラウリン酸ポリグリセリル-10、オレイン酸ポリグリセリル-10、キサンタンガム、カルボマー、BG、乳酸、PG、エタノール、イソプロパノール、エチルヘキシルグリセリン

(PH4.0~4.2)

これからサロンカラーに求められるもの

近年、おしゃれ染めから白髪染めまで、年齢を問わずヘアカラーをする方が増えています。その一方で、カラー施術に求められるクオリティーも年々高まっています。それは、一度カラーをすると、それがホームカラーであってもサロンでのカラーであっても、定期的に行うようになるからです。お客様の再来店を考える上で、これからのサロンカラーには何が必要になってくるのか?

弊社が行ったアンケートからそれを探ってみたいと思います。

(アンケート数231名)

Q1.美容室のカラーの仕上がりを評価するタイミングはいつですか

お客様のカラー施術の満足度を探る上で聞いてみました。

「施術直後に評価する」は45人。

それに対し、「自宅に帰って髪を洗ったあと」「施術をした翌日」「施術後1~2週間後」「1か月後、もしくはそれ以上」と、ある程度時間が経過してから評価する方が180人いました。

全体の78%が施術直後より、時間が経ってから評価するという回答になりました。ホームカラーもさまざまな商品が販売され、自分で手軽に染められるようになった今では、サロンでしてもらったカラーなら、きれいに仕上がっていて当たり前という意識がお客様の中にあるのかもしれません。

これからのサロンカラーは、ホームカラーとの差別化という点でも、時間が経ってからの髪の状態まで考えた施術が必要になってくるということがこの質問からわかります。

Q2.美容室でカラーをした際、当日の仕上がりは良かったけれど、1週間後にダメージを感じたことはありますか

これは、アルカリカラーをされた場合、施術後、時間の経過と共にダメージを感じる方が多いということと、施術一週間後の髪の状態でカラー施術の評価をする方がアンケートの結果、21%もいたましたので、この点に注目してみました。

結果は、80%以上の方がダメージを感じたことがあると答えています。

金銭的な理由というより、忙しくてサロンになかなか行けない、また、ホームカラーである程度満足しているということが、来店サイクルを長くしている原因ですので、やはりホームカラーとの違いを、どう感じてもらえるかが、これからのサロンカラーでは求められるのではないかと推測します。

Q3.美容室でカラーをした際、ダメージを感じたことのあるかたに質問です。その後どうしましたか?

お客様の再来店ということでも大変重要な質問です。

結果は、「すぐにサロンに相談する」「次回、相談する」など、施術したサロンを頼りにしてくれるお客様は意外に少なく、全体の24%でした。その他は、「次回から別の美容室に行く」が全体の31%で、施術を行ったサロンに相談するの24%を上回る結果となりました。施術でダメージを感じたお客様の約3割が失客に繋がる可能性があるということがわかりました。

 

上記のアンケートは、カラー施術についてのアンケートでしたが、パーマや縮毛矯正など、その他の施術でも同じようなことが言えるかと思います。施術直後の仕上がりも大切ですが、時間が経過してからの髪の状態にも配慮した施術が、お客様の信頼を得るためにはとても重要だということが、このアンケートを通してわかります。サロンで施術してもらいたくなる理由、その理由をつくることが、お客様の再来店に繋がる原動力となります。

 

他店との差別化という意味でも、仕上がりだけを重視するのではなく、施術後にも違いを感じてもらえる施術が提供できれば、それが大きな差別化になることでしょう。カーリーズバーリーでは、そのための商材をご用意しています。

ご請求フォーム

業務用品サンプルのみをご希望の方はお問合せフォームよりご請求下さい。

TEL 0120-172-328

FAX 0120-472-328

月~金  AM9:00~PM6:00

定休日  土・日・祝祭日

 

Copyright 2016 © CURLY’S BARLY Co.,Ltd. all rights reserved.

これからサロンカラーに求められるもの
ご請求フォーム

0120-172-328

月~金  AM9:00~PM6:00

定休日   土・日・祝祭日

これからサロンカラーに求められるもの
ご請求フォーム